男性 音信不通 罪悪感

男性が抱える音信不通による罪悪感、どう対処していくべきか

スポンサーリンク

男性が音信不通になる原因、それはそれぞれのケースで異なってくることではあるのですが、大きく分けて3つの理由が挙げられます。
まず第一の理由は携帯が壊れた、もしくは出張や研修等が長引いて物理的な理由で連絡が取れなかったという理由です。
この場合、その原因が解消されればすぐにでも連絡があるのでさほど心配はいりません。
第二の理由として挙げられるのは、病気や家族、環境の変化によって連絡がしきれなかったというケースです。
この場合、健康上の理由や家族間の問題となるので変に責めることはできません。
むしろ、遅れたにしても連絡をくれたことで安心できるのではないでしょうか。
第三に挙げられるのは、何かしら疚しい気持ちがあって、もしくは喧嘩や行き違いによって連絡手段を断つケースです。
この場合、男性側が気持ちを落ち着かせるために、もしくはそのまま恋人との関係を有耶無耶にしてしまおうとして音信不通となっています。
そのため場合によっては男性側の罪悪感が強く表れるケースもあるのです。

スポンサーリンク

では、具体的に、音信不通だった男性から連絡があった場合、どう対処していくのがいいのでしょうか。
まず大切になるのは、むやみに相手を責めないということです。
どんな理由が相手にあったとしても、音信不通になった時点で相手側に非があるのは明らかです。
中には不誠実な理由で連絡を絶っていたというケースも考えられます。
ですが、その連絡を絶っていた段階から一歩近づてくれたという時点、連絡を入れてくれたという時点で、話を聞いておく価値は十分にあります。
特に、男性側のことがまだ好きだという場合、相手の罪悪感をさらに重くしないためにも慎重に行動していく必要があるのです。
誠意のある人間であれば、連絡があった時点で謝罪の言葉が出てくるものですし、それがない場合であれば所詮その程度の関係性であったということです。
もちろん、その場の状況、つきあいの長さによってケースは異なってきますが、まだやり直す気持ちがあるのであれば特に、誠心誠意相手と向き合っていくことが大切です。

スポンサーリンク