ライン 音信不通

ライン使用時において音信不通になる原因について

スポンサーリンク

スマホに搭載されているサービスとしてラインというものがあり、通話料無料で利用出来る新しい電話サービスとなっています。
一見するととても便利なサービスですが、中には相手が突然音信不通になってしまう場合があります。
その理由についてはいくつかありますが、1つめとしてスマホを使用出来ない時間帯である可能性があります。
若い世代であればスマホやラインの使用回数も多い傾向がありますが、社会人になると学生に比べて減少します。
基本的に日中の時間帯は多くの社会人は仕事をしている時間なので、この時間には返信が出来なくなることが多いです。
また仕事が終了しても付き合いとして飲み会などに参加することもあるため、そういった場合においては1日中返信が出来ないことになります。
その場合には帰宅後疲れてしまっていることが多いため、音信不通に近い状態になってしまうことがあります。
このように社会人の場合には学生よりも時間の制約を受けやすいため、一時的にラインが音信不通状態になることがあります。

スポンサーリンク

 ラインというサービスはスマホに初期設定されていることが多く、使いこなすことで大変便利なものとなっています。
しかし中には使用中に音信不通になってしまう場合があり、2つめの理由として相手がスマホの電源を切っているケースとなります。
例えば充電中をしている場合には電源を切っていることがあるため、メッセージなどを送っても相手に認識されないことがあります。
それによって返信をするタイミングを逃してしまって、結果的に送るのをやめてしまうことがあります。
また内容によっては相手がメッセージが完結したと勘違いをしてしまって、結果的に返信されないというケースもあります。
この内容については相手の受け取り方次第となっているので、確実に返してほしい時は文末を疑問形にする工夫が必要です。
こうした工夫をするだけでも、かなりの確率で相手から返信してもらえるようになります。
相手がスマホの電源を切っている、または内容によっては返信の必要がないと感じた時も音信不通になることがあります。

スポンサーリンク