彼氏 音信不通 復縁 期間

音信不通の彼氏との復縁について 期間を区切って復縁に取り組みます

スポンサーリンク

音信不通になってしまった彼氏と復縁を望む場合には、予め一定の期間を設けておくことが大切です。
このような場合には、時に男性側が一方的に別れを望んでいることもあるため、余り時間をかけることは実の所女性のデメリットが大きくなります。
音信不通になってしまった理由に応じて、数週間から数カ月程度の期間を区切って復縁を進めることが必要なのです。
このような区切りを設けることは、相手に執着しないためにも大切なことと言えます。
例えば、徐々に相手が冷たくなって音信不通となってしまった場合、復縁に向けてのアクションを行うのは約数週間程度に留めるべきという意見が多いです。
こういったケースでは、相手の心が完全に冷めていることが多く、時間をかけても良い結果が出ないことが多いと考えられます。
ですので、余り時間をかけずに早目に気持ちを切り替えた方が自分のためにも良いと言えるわけです。
こうした場合に深追いすると、一層自分が傷つくことも考えられます。

スポンサーリンク

音信不通は、時に自然消滅の形態をとることもあります。
遠距離恋愛などで相手に別な相手が現れた場合などにも、このような音信不通が起こることが多いのです。
そういった場合には、約1ヵ月程経っても状況が変わらないようであれば、潔く区切りをつけた方が後々のためにもなります。
納得がいかないようであれば、直接相手に会って話をしてみるのも一つの方法です。
自分の気持ちを伝えて、状況を確認することで新たなスタートもしやすくなります。
連絡が途絶えた後に復縁が出来るか否かは、状況によって変わります。
ですが、復縁だけに余り時間をかけることは、自分にとって損失となる点を心にとめておくべきなのです。
諦めることは時に難しいこともありますが、男性に振り回されることを避けるためには、時に思い切りも大切なのです。
半年以上たって男性から連絡がきたような場合には、少し警戒する必要もでてきます。
この場合には相手の意図を確かめることが重要です。

スポンサーリンク