音信不通 卑怯 友人 介在

卑怯な相手と音信不通の時の対処法は、友人の介在を依頼

スポンサーリンク

恋愛関係になっていても、何かの原因で、相手と連絡が取れなくなるという場合があります。
何の連絡もなく、関係性を絶つという卑怯な手段に出る男性も存在します。
ある日突然、音信不通になるなどで、卑怯な手段を使われた場合の対処法は、相手の現状捜索です。
音信不通の場合には、連絡する手段がなくなります。
スマートフォンなど、通信ツールがなくなり、連絡先が途絶えます。
現在の相手の状況を知るには、共通の友人などがいれば、友人に尋ねる事もできます。
情報収集を図りながら、今後の対処法を探る事ができます。
相手の居住場所がわかっているなら、相手の部屋を訪問するなどができます。
突然の訪問が失礼だと感じるのであれば、現地に到着後、メールで連絡しておく事もできます。
その後インターホンなどを押す分には、一応の順序を踏んだ行動になります。
対処法として、相手と直接会って話す場合には、自分の気持ちが動揺しない様にシュミレーションをしておく必要もあります。
自分の話す内容の整理もそうですが、相手の対応を予測した言動も準備しておくと役立ちます。

スポンサーリンク

卑怯なやり方で、音信不通となってしまった相手には、連絡がつきそうな人、場所などのチェックが対処法に成り得ます。
共通の友人なども、サポートしてもらえる可能性がありますが、職場の場合には、更に同僚などの存在もあります。
相手に関するプライベートな情報が少しでもあるなら、そこを糸口にする事ができます。
唯、注意点としては、どんな卑怯な相手であっても、相手の立場は多少尊重する必要があります。
相手の職場近くに出向いて、会って直接会話する際にも、周囲に勤務先の人がいない事などを確認する配慮も必要です。
卑怯にも、音信不通になった相手への対処法は、実家への連絡なども一つになります。
実家の場合には、対応する人が、本人以外という場合も多くなります。
感情的になって、関係のない人に迷惑が掛からない程度で、本人に会わせてもらうなども行えます。
音信不通の状態は、ある日突然という事があり、予測できない部分もあります。
しかし、相手に関する情報は、付き合いが始まる過程で、多少入手しておく事も必要になります。
相手との信頼性を築くのも、恋愛には重要なプロセスとなります。

スポンサーリンク