彼氏 怒らせた 無視 対処

彼氏を怒らせたら、無視された場合の対処は、まずは謝罪です

スポンサーリンク

恋愛関係ができると、期間の経過と共に、関係性にも変化が生まれる事があります。
慣れが出てくると、ついやってはいけない事などを、相手に行ってしまう場合もあります。
彼氏を怒らせた場合、無視されるという反応なども有り得る事です。
対処法としては、一番には、彼氏を怒らせた原因をまずは探り、自分の行動、言動に非がないかを自分で確認します。
その上で、自分に非のある、彼氏が怒って当然、無視してきて当然、という事があれば、謝罪する事が大切です。
例えば、関係性が慣れてくると、相手を傷つける様な一言を放ってしまう事もあります。
この場合には、メールなどでも、
『あの時は、私が言い過ぎました。ごめんなさい。』
などは、必要な言葉になります。
可能であれば、自分がどの様に反省していて、今後をどう考えた姿勢でいるのか、伝える事も有効な対処法です。
謝罪の場面は、自分の気持ちが済む事ではなく、まずは相手が謝罪の気持ちを受け取ってくれる事が重要です。
会って謝る場合でも、自分がどの様な姿勢、考え方で謝罪に及ぶのか、明確にする必要があるのです。

スポンサーリンク

彼氏を怒らせた場合、相手の性格などで、無視して、一切受け付けない姿勢が示されるケースもあります。
特に、ケンカしたりなどで、暫くの間の期間が経過している場合には、2つのパターンが想定されます。
期間が経過した事によって、彼氏の方でも、そろそろ許すという、柔軟な気持ちが生じてくる場合もあります。
でも、無視が続く場合です。
共通の友人などを介すると、現在の状況などがわかり、リサーチができます。
情報を得られる様であれば、情報を分析しながら、まずは謝罪、ご機嫌伺いをするなどが行えます。
場合によっては、共通の友人のサポートを得ながら、接触する機会を作るなども対処できます。
一方で、彼氏の気持ちが頑なで、今後も無視を決め込む姿勢の様であれば、『気持ちが変わるまで待ちますので、連絡をください』などのメールもできます。
相手の気持ちが固い時には、少し期間を要する事になります。
期間を経過させる、彼氏の気持ちを暫く尊重する、がないと、相手の気持ちを更に硬化させる可能性があります。
あくまで相手の気持ちを害さない様な行動をとり、定期的には、様子を伺う必要もあります。
その上で、強硬手段としては、相手が嫌がらない程度に、会って話すなどもできます。

スポンサーリンク