男性を怒らせた 最良 行動

男性を怒らせたときの最良の行動

スポンサーリンク

人間関係というものはとても複雑で厄介なものです。
特に男女間には相容れないものや理解し合えないものがたくさんあり、衝突してしまうことも少なくありません。
それは、恋人同士であっても友人同士であっても同じようなものです。
では、例えば女性が男性を怒らせたとき、どのような行動をするのが最良の方法なのでしょうか。
それはずばり、論理的に自らの行動を説明する、ということです。
女性は感情的、男性は論理的に物事を考えやすいという性質を持っています。
例えば恋人同士であった場合、連絡をくれる頻度が少ない、と喧嘩になったとします。
男性は、仕事が忙しかったからだよ、と言いますが、女性は寂しさを理解してくれなくてひどい、と思うことが多いです。
ここに男女間の差が生まれます。
連絡出来なかった理由を論理的に説明する男性に対し、そんなことより寂しいという感情を理解してくれなくてひどい、ということで相手を攻め、男性を怒らせたというケースが多く見られます。
このようなケースで女性が男性に対しての最良の論理的行動は、攻めるのではなく、どうしてほしいかを伝えるということです。

スポンサーリンク

寂しいという気持ちを理解してほしい、とただ伝えるのではなく、そう思った、だからこうしてほしい、というように伝えるようにしましょう。
例えば、寂しかった、しかし仕事ならばしょうがない、でも連絡は欲しいので、せめて一日一回でもメールや電話をするようにルールを作ってもらえないか、といったように説得してみましょう。
きっと男声も理解を示してくれるはずです。
女性は自分の気持ちを知って欲しいあまり、どうしてほしいか、こうだからこうしてほしい、という事までを話し合えない傾向にあります。
男性を怒らせた場合は、そのようなことに注意し、論理立てて自分の考えを主張することが最良の行動です。
またその他のケース、例えば会社の上司であったり友人であったりする場合も、男性を怒らせたには感情を出すことを控えるように意識し、ミスをしたのであれば今後どのように対処するか、ということを伝えるようにしましょう。
男女間の考え方、伝え方の違いは大昔の狩りの時代から作られたものです。
考え方を全て変えるのは難しいことですが、少しの意識を持つことで、人間関係をスムーズにすることが出来ます。

スポンサーリンク