浮気 音信不通 心理

浮気で音信不通となる男性の心理

スポンサーリンク

男性が音信不通となってしまう理由はいろいろとありますが、そのなかには何か彼女に対して後ろめたい気持ちを抱えることで、連絡を取らないようになることもあります。
後ろめたい気持ちとはどういったものかといいますと、たとえば、彼女とは別の女性と関係を持ってしまったような、いわゆる浮気をしてしまった場合は、彼女に対して悪いことをしたと思い、連絡を取ることができなくなるパターンがあります。
女性からすれば、浮気相手のほうを好きになってしまい彼女と連絡を取るのをやめてしまっているのではないかと思うかもしれませんが、実はそのような考えばかりとは言い切れないものが男性の心理にあるのです。
ちょっと他の女性に刺激され、つい浮気をしてしまっても本命は彼女へ気持ちがあり、その場合は彼女に嫌われたくないあまりに、浮気をしてしまった罪悪感から避けるために音信不通となってしまうのです。
彼女からすればいったい何が起こったのかわからず、そして彼女自身何か悪いことをしたのかと悩んでしまうこともあり、不安を感じてしまうようになるかもしれません。

スポンサーリンク

しかし男性は、ときに一人になって考えさせる時間というものを必要とする心理があり、音信普通となっているときこそ女性は黙って真っておくほうが良いといいます。
音信不通となって連絡を取ろうとしても彼氏から何の連絡も来ない場合は、もう、そこから静かに待っておくほうが良いのです。
そうすることで、彼氏から連絡がやってくることもあり、そのときに会って「いったい何していたの」と連絡しなかった彼氏を追い詰めるのではなく、久しぶりと声をかけたりしながら普段どおりの会話を楽しませてあげることで、男性はホッと安心するとも言います。
男性の心理では追い詰められるとその場から離れたくなる気持ちも現れるといい、連絡しなかったことを強く問い詰められることで逃げてしまうようになり、結果、別れてしまうパターンも少なくないといいます。
そうならないようにするためにも、男性と付き合うためには強い精神を持って対応することも必要で、不安な感情に任せるかのように行動すると、相手を責めてしまうようになるので女性は気をつけなければなりません。

スポンサーリンク