遠距離 音信不通 対処法

遠距離で音信不通になったときの対処法

スポンサーリンク

遠距離恋愛は、相手と頻繁に会うことが出来ない辛いものです。
そのため、メールや電話といった連絡手段がとても大切になります。
遠距離を通信手段によって埋めることで、コミュニケーションを取ることが出来、お互いの愛を確かめ合うことが出来ます。
しかし、遠距離恋愛の最中には、相手と音信不通になってしまうことがあります。
気軽に会えない分、連絡が取れなくなると心配ですし、何をしても落ち着かず、もしかして嫌われたのでは、などとマイナスな考えが加速したりしてしまいます。
では、遠距離恋愛中にそのように相手と音信不通になったときは、どのような対処法を取れば良いのでしょうか。
まず第一段階としては、そのまま音信不通状態で放置するということです。
何回かメールや電話をしても相手に繋がらない場合、それ以上に連絡を取り続けても、それで反応があることはあまり期待出来ません。
仕事が忙しいのかもしれないし、通信機器が壊れてしまったケースなどとあります。
まずは様子を見るためにも、深追いせずそのままで相手からの連絡を待つのが得策です。

スポンサーリンク

では、それでも音信不通状態が続いてしまった場合の対処法とはどのようかものでしょうか。
それは、相手のSNSをチェックすることです。
相手がSNSを行っている場合、もしも通信機器が壊れているのであれば、SNSの更新は出来ないはずです。
もしもSNSに何らかの更新がされていた場合、通信機器は壊れておらず、意図的に音信不通状態にしているという可能性が出てきます。
その場合は、相手に直接会いに行って理由を聞くか、嫌われたと諦めて身を引くか、などといった自分なりの対応をするようにしましょう。
また、SNSの更新もされていない場合は、共通の友人のや知人に生存を確認してみましょう。
事故に巻き込まれたなどの場合は、何らかの情報が入っている可能があります。
それでも何もわからない場合の対処法としては、直接相手に会いに行きましょう。
遠距離の度合いによって可能か不可能かは変わってきますが、頑張れば会いに行ける距離であれば、頑張って会いに行くのがベストです。
大切な恋人との関係を守るため、適切な対処法をとり、遠距離恋愛を上手に進めましょう。

スポンサーリンク