音信不通になる女 特徴 心理

音信不通になる女の特徴と心理状態とは

スポンサーリンク

恋人同士、友人同士であっても、急に連絡が取れなくなったりする人がいるものです。
そのようなケースは圧倒的に女性が多く、男性が困ってしまうというパターンが多くあります。
では、音信不通になる女の特徴とその心理とはどのようなものなのでしょうか。
まず、音信不通になる女の特徴としては、情緒不安定な人が多いのが事実です。
急に寂しくなったり人恋しくなったり、逆に急に人間不振になったり落ち込んだりと感情の起伏が激しい女性は、人間関係も同じように捉える傾向があります。
気分が落ち込んでいる場合は、誰とも連絡を取りたくない、人間が嫌いだ、というような気持ちになり音信不通になる場合が多いですが、逆にその状態を抜け出すと、今度は人恋しくなり急に連絡を寄越す場合もあります。
そのような女性がいる場合には、決して無下にせずそのような行動を理解してあげることが大切です。
音信不通になる女は特に若い女性に多いため、年を取るにつれて落ち着いてくる場合も多いのが事実です。
暖かい目で見守り、音信不通になった場合には、そのままそっとしておくのが得策と言えます。

スポンサーリンク

では、音信不通になる女の心理とはどのようなものでしょうか。
実は、上記のように情緒不安定で人間関不振に陥っている場合においても、根本にあるのは誰かに構われたい、というのが本音の場合が多いです。
音信不通になると、多くの場合何かあったのか、事故に巻き込まれたのか、などと心配になります。
そうすることで、どうしたの、と相手に声をかけられることで、自分の存在意義を確かめたいという心理が働いています。
心配してもらえる、ということはとても嬉しいものです。
特に情緒不安定な女性にとっては、それがきっかけで精神状態が安定することもあるほど、自分の存在意義を確かめるというのは重用なことなのです。
またもう一つの特徴としては、本当に相手と連絡を取りたくなくなっているという場合もあります。
人間関係を切るというのを相手に伝えるのもとても勇気のいることなので、音信不通になることでその意思を伝えようとしているケースです。
そのような場合は決して深追いせず音信不通状態を受けとめることが大切です。
身近に音信不通になる女がいる場合は、このような点を頭にいれ適切に対応するようにしましょう。

スポンサーリンク