ドタキャン 音信不通 対処法

ドタキャンや音信不通になってしまったときの対処法

スポンサーリンク

急にドタキャンされて、その後相手と音信不通になってしまったという経験はないでしょうか。
ドタキャンは、約束をしていたのに、当日や数時間前になってやっぱり行けない、と約束をキャンセルすることです。
ドタキャンされた場合、いくつかの理由が考えられます。
まず一つ目が、本当に急用が出来てしまった場合です。
はずせない大事な用事が出来てしまうことは誰もにあることです。
そのような場合は、埋め合わせの日程や深い謝罪の言葉があれば、特に気にする必要はありません。
しかし、もう一つの場合が相手の気持ちが冷めてしまっている場合です。
例えば恋人同士であれば、やっぱり相手に会うのが面倒臭い、と感じてしまい直前で予定をキャンセルしてしまうことがあります。
このような場合は、相手は自分に対しもう気持ちがないため、そのまま音信不通になってしまうことも多くあります。
もう会わないと決めた相手は、それ以上連絡を取ることが無意味に思え、嫌われてもいいや、という気持ちからそのような行動をとってしまいます。
では実際にそうされた場合には、どのような対処法で解決すれば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

ドタキャンされ、さらに音信不通になってしまった場合、まずは自分の行動を振り返ってみることが大切です。
急に相手に冷める、という事は、何らかの大きな原因がある可能性があります。
相手がそのような行動を取る理由が自分にないか、今一度きちんと考えてみることが必要です。
そして思い当たることがあれば、それらをメールに文章にして送ってみましょう。
そのことで、相手から何らかの連絡があるかもしれません。
またその他の対処法としては、こちらからは何もせず、ひたすら我慢するというものです。
もしかしたら、相手も音信不通状態であることで相手を不安にさせたいという気持ちが働いているのかもしれません。
そのため、1週間程度は連絡を取るのを我慢して、音信不通状態を維持してみましょう。
逆に、相手から何らかのアクションがある可能性もあります。
またもう一つ対処法として、相手に直接会いに行く、というもの手です。
強引に相手と会い、音信不通やドタキャンの理由を問いただすことで強制的に話し合いの場を作ることが出来、問題解決が出来るかもしれません。
相手や状況に合わせた対処法を実践し、人間関係を円滑にしましょう。

スポンサーリンク