怒らせた 相手から連絡がくる おまじない

科学的に解明かも、怒らせた相手から連絡がくるおまじないとは

スポンサーリンク

怒らせた相手から連絡がくるおまじないを知るためには、論理的におまじないの効果について知る事がポイントです。
私達の心の奥底は全て繋がっていると言われ、心理学では集合的無意識と呼ばれています。
例えば、ミツバチなどは、学校に通っていないにもかかわらず、巣を作り上げる事が出来ます。
集合的無意識にアクセスを行い、そこにある巣の作り方を引き出して巣を作り上げているとも言われています。
虫の知らせなどは、この集合的無意識を通して伝わって来る情報だとも言われているのです。
怒らせた相手から連絡がくるおまじないは、この集合的無意識を通して、相手の潜在的な心に伝えなければなりません。
怒らせた相手から連絡がくるためには、この怒らせた怒りを鎮める必要性があります。
ただし、鎮めたからと言いまして、必ず相手から連絡がくる訳ではありません。
会いたい、話がしたい思いを伝えるおまじないも必要です。
集合的無意識へエネルギーを送り届けるためには、心的エネルギーが必要になります。
その心的エネルギーを、過食やストレス発散などに利用してはなりません。
おまじないは、思いを高める事が大切なのです。

スポンサーリンク

おまじないの中には、紙などに書いた願いなどを燃やす事もあります。
論理的に考えれば、燃やす事に意味があるのでは無く、忘れる事に意味があります。
常に心的エネルギーを送り続けていれば、次のステップに移れない事もよくあります。
怒らせた相手から連絡がくるおまじないを行った後に、忘れた頃に相手から連絡がくる話はよくある話の一つです。
集合的無意識との繋がりは、深夜の寝ている間に強まるとも言われています。
おまじないではありませんが、天才の中には夢を見てのアイデアやヒントがヒラメク人もいます。
学者の中には、集合的無意識からの情報だと解釈している人もいるのです。
そのため、怒らせた相手から連絡がくるおまじないは、寝る前に行う事もポイントです。
どうしても、怒らせた相手から連絡が来ない場合は、心的エネルギーの強い人と一緒にお願いするのもお勧めです。
ここでのポイントは、一方的に任せるのでは無く、一緒に行う事です。
任せれば、安心をする事で怠惰的なエネルギー生み出し、その思いが伝わってしまう可能性が高まるためです。

スポンサーリンク